晴れ時々ふぉと
ウサギと暮らす鉄道好き
2011/05/16(Mon) 19:11  日の丸 さんぽ
110514sunrise1_1.jpg
朝日  ´11.5.14

白地に 赤い太陽ひとつ
日本の国旗は なんてシンプルなんだろう。
110514hinomaru1_1.jpg
日の丸 探しのお散歩

国旗掲揚、君が代斉唱 反対な方には ??? な散歩ですね。
戦争の象徴だから … ということでしょうか …
110514hinomaru1_6.jpg
夕日

私は祖父母に戦争時代の話を聞きました。
平和ボケの私には 全く想像もつかない話の数々でしたが
今となっては、聞いておいてよかった。
ううん、今聞きたいことが もっとあった。

祖父は 海外の戦地へ出向いたある日、
右手に敵の銃弾を受け負傷し 日本に帰ることができたそうです。
当時 戦いの真っ只中 帰国するなんて 
良い事とはされなかったかもしれないけれど …
私は おじいちゃん、生きて帰れてよかったと思っています。

生涯、右手の甲に銃弾は入ったままで 思うように動かず
元々右利きだったそうですが 
箸も 筆も 左手に持ち替え
傷痍軍人の手当てをもらいつつ
農業と教師の仕事も 機用にこなしていました。

110514hinomaru1_4.jpg110514hinomaru1_2.jpg

祖母からは 
「 赤紙が届いた兵隊さんを 駅で皆で日の丸振って見送った。
  あの時の汽車の ( 蒸気機関車 ) の汽笛の音が悲しくてね。」 と。

毎日のように空襲警報が鳴り
暑いのに防災頭巾をかぶって 防空壕へ逃げた話しをよく聞きました。
焼夷弾が空から降ってくる
町が燃える … そんなトラウマのためか
年老いた後も
空飛ぶ 飛行機やヘリの音を怖がっていました。

祖父母はもう亡くなってしまいましたが
祖父母のように つらい戦争時代を生き抜いてきた人達には 
日の丸は 当時の辛い思い出でしかないのかもしれません。
そんなつらい歴史を 二度と繰り返してはいけないと思っています。
110514hinomaru1.jpg
今の私は ・・・
スポーツの国際試合の表彰式で日の丸が掲げられると 素直にうれしい。

あの大地震の後 九州新幹線開業のCM見て 
沿線に集まった人達が日の丸を振っている姿を見ると
なぜか じーんときてしまうんだよ。
九州新幹線全線開業CM 外部リンクYou Tube

この国に生んでもらったんだもん。


関連記事
スポンサーサイト
日常 | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://haruurara2001.blog79.fc2.com/tb.php/879-4b0f8226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)