晴れ時々ふぉと
ウサギと暮らす鉄道好き
2011/04/05(Tue) 01:28  おひさまへ
110327shirohara1_1.jpg
咲き始めた黄色いレンギョウ、  シロハラ

110327tsugumi1.jpg
ぽつぽつ雪国の涙のような雪柳、  つぐみ

本州で冬を越した鳥たちが もうすぐ 北へ旅立つ。
彼らの行く先が  きれいな空気でありますように …
どうか  どうか  おひさま  導いて。

110327sakurasou1_2.jpg

何もかもを流されてしまった あの地では  
野草すら 瓦礫に埋もれて
 
110327sakurasou1_3.jpg

桜なんて 無いのかな。
たとえ木が残っていたって 花を見上げる 心の隙間なんて …

瓦礫の山は
津波が襲う その瞬間まで たいせつな誰かと 
笑ったり  怒ったり  けんかしたり
宝物の詰まった   ” 家 ”  だったのだから。

たいせつな誰かとはぐれ
ひとりぼっちになってしまった あの人は
テレビから流れてくる 「 一人じゃない。みんながいる。 」
なんてキャッチフレーズのような  きれいごと …
耳に入るわけもない。

ほんとに ほんとに ひとりぼっちになってしまったのだから。
避難所で  別の  ” 家族 ”  を目にするだけでも 辛かろう。

110327sakurasou1_1.jpg

だから お日さま
今、  いちばん  かなしい人に
今、  いちばん  くるしい人に
今、  いちばん  あたたかな春のひざしを。

 


関連記事
スポンサーサイト
動物・生き物 | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://haruurara2001.blog79.fc2.com/tb.php/859-cb91c7b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)