晴れ時々ふぉと
ウサギと暮らす鉄道好き
2011/03/28(Mon) 13:17  一瞬の食欲不振
110323kururi1_2.jpg
今回の地震で 被災地に比べたら揺れの小さかった首都圏でも
震度5程度の本震に加え 度重なる余震によるストレスで
下痢、嘔吐、食欲不振になってしまう わんちゃん ネコさんが
たくさんおられるそうです。

ニンゲンだって 地面が揺れているのか、自分自身がフラフラしているのか
わからなくなるくらいの地震酔いで 具合悪くなるんだから
敏感な動物達には当然といえば当然ですよね。

ウチも他人事ではありませんでした。

いつもなら ゴハンをあげると 飛びつくように ほおばり
1時間もしないうちに完食してしまう くるりが 
大地震から 3日目の朝、
ポクポクっと ひとくち ふたくち食べて 「 もういらない 」
という顔をして寝てしまったのです!

くいしんぼうの くるりに 
食欲がないなんて ありえない!
どこか おかしい!


その後しばらく様子を見ましたが、1時間たっても2時間たっても
ゴハンは減っていきません。
これは … 兎生初の ” うっ滞 ” か!?
( うさぎさんにとって 食べられない = 死 につながるキケンもあるのです )

しろうと判断ではアブナイ。病院行こう!

と、準備をしはじめました。
普段なら家からバスで10分もあれば到着する病院。
でも、この日は よりによって 計画停電の初日!
関東の方は記憶に新しいと思いますが
その日、停電するのかしないのかもはっきりせず
そんなはっきりしない状況で鉄道会社も列車を走らせられず
運休、大幅列車本数削減、が発生!
電車をあてにできない人たちがクルマ通勤に変更したりするものだから
家の前の道は 大渋滞! ぜんっぜん進んでいかない!
… 普段なら10分で到着する病院も、これじゃぁ いつ着くかわからない。
まず、バスが来るかどうかもわからない …。
歩いた方が早いか!?

そんなことを考え いそいそと準備をしていた時、
くるりは トイレに行って
オシッコしたそうなんだけど 出なくて
トイレからおりて一度寝そべり
でも キモチわるいみたいで もう一度トイレに行ってオシッコのポーズしてみるけど 
やっぱり出なくて …

そっちか!!

じゃぁ、 まず オシッコ出すことを考えよう!
「 くるり~ 水分とらないとオシッコ出ないよ~。 」
お水飲む量、いつもより少なかったかなー。
水分補うために、冷蔵庫の野菜や果物を持ってくる。 
が、
「 いらない。 」

うおぉ~~~!
大好きな野菜も果物も口をつけないなんて重症だ~~!
 

ならば ならば ベランダ栽培の野草と野菜!!
( 夏に お水飲まなくなっちゃった時があって、
  その時も野菜果物はいらない!って食べてくれなかった。
  唯一ベランダ育ちの野草や野菜だけは食べてくれたという 頼みの綱 )

ひとくち ふたくち … ん? うまいぞ?
モリモリ モリモリ … ん? 食欲出てきた。

ベランダ育ちのブロッコリースプラウトや 
ラディッシュの葉っぱ、ライ麦の葉っぱ
ハコベ なんかを食べだしたのをきっかけに 食欲が戻ってきました。
その後、爽快にオシッコも出て

「 あぁ、すっきりした~。 」 
110320eat1.jpg
さっきまでの元気のなさが ウソだったかのように
ゴハンも 牧草も モリモリ食べ始め

「 ボク、もうだいじょーぶー。 」 と、コロリ~ン 
110322kururi1_2.jpg
オイオイなんだったんだ?
とりあえず ・・・ 半日様子を見ました。
半日過ぎても 1日経っても 食欲も元気も有り
トイレも順調~ おなかも張ってなくて だいじょうぶそうだったので
結局そのまま病院へは行っていません。

あの地震発生後、 私が 心だけ被災して少し寝込んでいて
こうなる前日、くるりのこと ちゃんと見てあげられなかった。

計画停電初日で 「 停電になるとお水出なくなるよね~。 」
( マンションは水を汲み上げるのに電気を使っているから停電=断水 になるのだ )
なんて話しているのを ひそかに聞いていて 
「 えっ!お水飲めないの!? 」 とでも思った?

とにかく 
いつもと違う私の様子を見て
くるりを不安な心理にさせてしまったことは確かでした。大反省。

「 ごめんね。くるり。
  くるりのお水、ちゃんと いっぱいあるからだいじょうぶだよ! 」

↑ カルシウム少なめの、ペットボトルの軟水を用意。
水道水でもミネラルウォーターでもどちらでも飲んでくれると こういう時助かります。
 110317run1_1.jpg110317run1.jpg

念のため 近いうち 健康診断はしてもらおうとは思いますが
一瞬の食欲不振  後、 … げんきです。 とっても。

今はきっと 耐える時。
放射性物質を気にしないで 
安心してお外で野草バイキング 食べられる日が来るまで
何ヶ月も 何年も かかるかもしれないけれど、
そんな日は必ず来る。 だから 長生きしてよ。 くるり。




関連記事
スポンサーサイト
うさぎのくるり | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://haruurara2001.blog79.fc2.com/tb.php/855-5a0a58b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)