晴れ時々ふぉと
ウサギと暮らす鉄道好き
2011/03/23(Wed) 19:03  日々
110323kururi1.jpg

東北地方太平洋沖地震 
被災地の皆さま 心よりお見舞い申し上げます。

たいせつな家を失い 
たいせつなご家族と 
たいせつな動物たちと離れ離れになられた方を思うと 
胸が苦しくてなりません。

あまり報じられていませんが、
関東でも 千葉や茨城も揺れと津波で大きな被害を受けておられます。
那珂湊のおさかな市場や、漁港には 津波が襲い、
電気・ガス・水道 が未だ復旧していない地域もあり
ひたちなか海浜鉄道も 復旧のめどはたっていないそうです。
重ねて 心よりお見舞い申し上げます。

無理をせざるをえない状況かもしれませんが
あえて言います。
無理しすぎないで  頑張りすぎないで  ご自愛ください。

110323sky1.jpg
日々、今日もまた 朝をむかえられたことに感謝。

そして
北の空に向かって
被災地で一日千秋の思いで 厳しい中、ふんばって生きておられる皆さまに
「 がんばって!生きていて! 」

復興に尽力されている皆さま
原発で命がけの作業に従事されている皆さまに
「 がんばって!日本を助けて! 」 と強く祈らずに入られません。

原発 
自分だったら ぜったいにできない。
ぜったいに逃げ出してしまう 恐怖の中、
毎日懸命に目の前にある山積した課題を 
ひとつひとつこなしておられる皆様に 足を向けては寝られません。
そして祈り  願い  頼るしかありません。
彼らが 「 もうダメだ 」 と、さじを投げてしまったら … 日本は終わり。

もうすでに精一杯、今この瞬間も 命がけで頑張っている人に 「 がんばって! 」
という言葉は変かもしれないけど …
でも、 やっぱり、  「 がんばって! 」
どうかどうか こんな思いが 
日々戦っている 彼らの追い風となりますように。
そしてこの難問が良い方向に向かったら 
原発で作業されている方々がご家族のもとへ 無事 帰られますように。

震災で離れ離れになったご家族が 一人でも多く 再会できますように。
110323sky1_1.jpg
暗い部屋から見えた 異様に明るい大きなお月さま
月が地球に大接近した 『スーパームーン』 に若干恐怖すら感じた夜。
 
原発と有力な火力発電が稼動できず
関東は深刻な電力不足。
計画停電、自分の町が停電エリアから回避された日も
” 自主停電 ” 。

… そうでなきゃ、娘は明るい時間に慌てて宿題を済まし
私は停電時間に合わせて食事や水の用意をし
くるりの湯たんぽを停電予定時間ギリギリにあたためたのは 何のため??? 
ってなってしまうし、停電している地域の方にもわるいし …。

こんな状態がしばらく続きそうです。

電気や水、食べ物が どんなに大切なもので、どんなに依存していて
どんなに湯水のように使っていたのか 思い知りました。
最寄りの地下鉄のダイヤは 
通勤時間には秒単位でどんどん列車がやってきて … 
それが当たり前になっていました。
多すぎたんだよ。 きっと。

不便だけど 少し昔の暮らしに 戻ったつもりでがんばります。
今までが便利すぎたのです。
梅雨~真夏 の電力不足は … 想像するとかなり恐怖ですが。

110315kururi1_1.jpg
「 ママー。 さいきん ママちょっとヘンだよ~。 」  ↑ おテテ

110315kururi1.jpg
「 ママ、 いいこ いいこ。 」 

心だけ被災している自分に、
今までより念入りに ペロペロして なぐさめてくれます。
涙が出ます。

くるりだって 毎日続く余震や 
緊急地震速報が鳴り響くたびに緊張が走る
家の雰囲気に ストレスもあるだろうに…
気をつかわせちゃってごめんね。
ママが安心させてあげなきゃいけないのにね。

余震、原発、停電、放射性物質、水は?野菜は? 
不安な事は山積みだけど
きっと  ひとつずつ  少しずつ 
解決していくって信じてる。 信じきってる。

ほんとのほんとに あんしんして過ごせる日まで 
いっしょにがんばろう。 



関連記事
スポンサーサイト
うさぎのくるり | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://haruurara2001.blog79.fc2.com/tb.php/854-ff3df4d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)