晴れ時々ふぉと
ウサギと暮らす鉄道好き
2011/02/26(Sat) 22:35  木造駅舎とマルーン
110212murayamaA1.jpg
長野電鉄のお話しに戻ります。

長電には古い木造駅舎が多く残っており、
それらの ずっしりとした佇まい
いくつもの時代を見てきたであろう 駅舎の柱の色を眺めるうち
同じ茶系の色どうし
駅舎とマルーンをいっしょに 撮りたくなってきました。

今では無人 村山駅   ´11.2.12

110211takeharaA1_1.jpg
なんともいえない木の柱の存在感 
信濃竹原駅  ( こちらも無人 )  ´11.2.11

110211takeharaA1_2.jpg
ホーロー看板

110211takeharaA1_3.jpg
かつて貨物扱いの駅だった信濃竹原。
長電での貨物は昭和54年に廃止されたというけど … 当時ままの木造倉庫( 右 )

110211takehara-t1_1.jpg
残念ながら駅舎の中には入れませんでした。
封鎖され、立ち入り禁止になっていました。

110212hibiyaA1.jpg
元・営団地下鉄 日比谷線の車両の中から見た 窓いっぱい
すれ違いマルーン

茶系の座席 と、 一人で電車に乗っていた男の子の
脇に置かれたドーナツの包みも茶系の色合い。
よく見えないケドネ  (^^;
110211takehara-t1.jpg




関連記事
スポンサーサイト
民鉄・公営 | CM:0 | TB:0| edit


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://haruurara2001.blog79.fc2.com/tb.php/836-99edcae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)